車用 国産品 500ml DC12V 空焚き防止 温度調節機能付 Z106 シリコンボトル電気ケトル セイワ 4010円 車用 500ml DC12V 空焚き防止・温度調節機能付 シリコンボトル電気ケトル Z106 セイワ 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー 車内収納・ホルダー ドリンクホルダー 車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , 車内収納・ホルダー , ドリンクホルダー,DC12V,セイワ,4010円,/flatterer17827.html,mac.x0.com,空焚き防止・温度調節機能付,500ml,車用,シリコンボトル電気ケトル,Z106 4010円 車用 500ml DC12V 空焚き防止・温度調節機能付 シリコンボトル電気ケトル Z106 セイワ 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー 車内収納・ホルダー ドリンクホルダー 車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , 車内収納・ホルダー , ドリンクホルダー,DC12V,セイワ,4010円,/flatterer17827.html,mac.x0.com,空焚き防止・温度調節機能付,500ml,車用,シリコンボトル電気ケトル,Z106 車用 国産品 500ml DC12V 空焚き防止 温度調節機能付 Z106 シリコンボトル電気ケトル セイワ

車用 国産品 500ml 商品 DC12V 空焚き防止 温度調節機能付 Z106 シリコンボトル電気ケトル セイワ

車用 500ml DC12V 空焚き防止・温度調節機能付 シリコンボトル電気ケトル Z106 セイワ

4010円

車用 500ml DC12V 空焚き防止・温度調節機能付 シリコンボトル電気ケトル Z106 セイワ






シリコンボトル電気ケトル


●容量500mlの水を50℃または95℃の2モード設定で加熱。

●純正ドリンクホルダーに設置できるボトル型の車載用電気湯沸かし器です。

●シリコンボトルはコンパクトにたためます。

●空だき防止機能により水が入っていないときに加熱を自動で加熱を終了します。

●加熱中はLEDリングが点滅し加熱が終わると消灯します。

●本製品には別売り単4電池が2本必要です。付属しておりませんので別途お買い求めください。

●【禁止】付属の電源ソケットをお車のアクセサリーソケットに直接差し込み、電源を取ってください。

●延長ソケット・分岐ソケット及びAC/DC、DC/DCコンバーターの使用は絶対にしないでください。


品番:Z106
メーカー:セイワ

車用 500ml DC12V 空焚き防止・温度調節機能付 シリコンボトル電気ケトル Z106 セイワ

国際日本文化研究センターの研究成果を蓄積し、公開しています。
お知らせ
2020/11/25システムのアップデートのため、12/10(木)15:00-18:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2020/05/12システムのアップデートのため、5/28(木)15:00-18:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2019/10/17システムのアップデートのため、11/5(火)15:00-18:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2019/7/16システムのアップデートのため、7/24(水)15:00-18:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2019/4/17システムのアップデートのため、5/21(火)終日、日文研オープンアクセスが利用できません
2019/2/12サーバメンテナンスのため、2/20(水)17:30-18:30、日文研オープンアクセスが利用できません
2018/12/10サーバメンテナンスのため、12/19(水)17:30-18:30、日文研オープンアクセスが利用できません。→延期になりました。(2018/12/17)
2018/11/15サーバメンテナンスのため、11/21(水)13:00-14:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2018/11/5サーバメンテナンスのため、11/19(月)17:00-19:00、日文研オープンアクセスが利用できません
2018/7/31サーバ移行のため、8/6(月)終日、日文研オープンアクセスが利用できません
2018/6/4【送料無料】 クリスタルガラスビーズレインボーメーカーペンダントホームガーデンデコレーションを追加しました。図書館の資料紹介リストや一般公開の資料展示リスト等を掲載していきます。
2017/10/23国際日本文化研究センターオープンアクセス方針の英語版を公開しました。
2017/7/19システムメンテナンスのため、7/24(月)終日、日文研オープンアクセスが利用できません
2017/3/9国際日本文化研究センターオープンアクセス実施要領を策定しました。
2017/1/17システムメンテナンスのため、2/14(火)から2/17(金)まで、日文研オープンアクセスが利用できません
2016/1/5システムの更新を行いました。
(※2014/6/2 旧システムで正式公開)
2015/12/17国際日本文化研究センターオープンアクセス方針を採択しました。
 

-------------------------------------------------